企業理念・経営方針

SPCの企業理念

附属病院と共通の目標を持つパートナーとなることを目指し、一人ひとりが誇りと責任を持ち、自ら考え行動し、病院・患者・地域に信頼される事業活動に取り組むことで筑波大学附属病院の発展を通じ、社会に貢献します。

SPCの運営方針

一.
附属病院の使命を実現するために、病院職員と同一の価値観の下に最適なサービスを提供します。
一.
附属病院のパートナーとしての責任を果たすべく、客観的かつ継続的な情報の収集・分析を通じて病院経営に貢献します。
一.
時代の要請に柔軟に対応し、確実に発展・成長するSPCであるべく、健全経営に取り組みます。
一.
病院業務に加え、大学や自治体、地域社会との協働事業にも積極的に関わることで、事業間シナジーの最大化を図ります。
一.
法令遵守を徹底するとともに、事業の発展を職員の成長に繋げることで、事業の継続性を確保します。

附属病院の理念

良質な医療を提供するとともに、優れた人材を育成し、医療の発展に貢献します。

附属病院の基本方針

安全で質の高い医療を提供します。
医療の使命と責任を自覚し、豊かな人間性を有する優れた医療人を育成します。
すべての職種が参画するチーム医療を推進し、地域社会との連携を図ります。
健康、医療にかかわる知識の普及に努めます。
疾病の研究と先進的な医療技術の開発を通して、国際社会に貢献します。